小規模輸入住宅も輸入家具を置く部屋は広め

輸入住宅で家を建てて、輸入家具を置きたいというのでしたら、ある程度の広さがないと成立しないと思っています。まあ一口に「輸入住宅」と言いましても、さまざまな国がありますからね。一概には言えないのですけれど。

しかし、イタリアだとかフランスだとか、ヨーロピアン住宅を建てたいというのでしたら、せめてリビングルームはある程度の広さを確保した方がいいでしょう。置きたい西欧の輸入家具にもよるとは思うのですが、まあ大抵は「ソファー」でしょうね。輸入家具の中でもソファーをリビングルームに置きたいというのでしたら、それはもうせめて10畳、いや12畳ぐらいは確保するのがいいかも知れません。

なぜって、ヨーロッパの輸入家具ってサイズが大きいですからね。一人がけ用のソファーでさえ、装飾やなんだとつけられていて、なかなかのサイズになっていますから。2人がけ、3人がけのソファーとなりましたら、結構な幅になりますからね。

とは言え、輸入家具のサイズについては、カタログで見ている分には気にならないでしょう。また、お店で見ている分にも、輸入家具のサイズはそれほど気にならないでしょうか。お店のフロアも大きいですからね。

しかし個人宅にヨーロッパの輸入家具を入れてみますと、家具の存在感も相まって余計に家具が大きく感じるのですよね。そしてだからこそ、輸入家具を置く部屋はある程度の広さがあった方がいいと思うのです。輸入家具を置く部屋は、一般的な日本の住宅の部屋の大きさにプラスして1〜2畳ほどあった方がいいでしょうか。ヨーロッパの輸入家具を楽しむのでしたら、狭苦しいところよりも余裕がある部屋に置く方がいいですから。

とくにソファーは、端っこに壁付けするのはもったいない造りのものが多いですからね。それならば、部屋の広さを確保して置く方がいいというものでしょう。ヨーロッパは家具の制作で生計を立てている家具職人もちゃんといて、そしてだからこそ輸入家具は値段だって高めですからね。こう言ってはあれですけれど、元を取るためにも輸入家具の魅力を存分に活かせるように、広めの部屋を用意するのがいいと思います。輸入住宅はコンパクトにも建てられますが、輸入家具を置く部屋は広めにつくるのがいいでしょう。

PR|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|サプリメント|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|初値予想|JALカード|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|心の童話|