輸入住宅の魅力には

輸入住宅とは、外国の設計思想の住まいや資材、或はパッケージで輸入して国内で建築されたものをいいます。そのまま建物ごと持って来る、ということではありませんから、それは勘違いしないようにしましょう。基本的に機能性とかデザイン性がとても高いものが多いです。スタイリッシュなものが多いわけですが、日本の風土に合うのか、ということはかなり難しい問題ではあります。

例えば天井が高かったり、光を取り入れる事が多かったり、というのはよいこともありますが地域によって寒すぎるとか熱すぎるということもあったりします。そのあたりが輸入住宅で家を買うときには注意した方が良い、ということになります。ちなみに固定資産税などには違いがあるわけではないです。あくまで輸入住宅といっても普通の住宅と税金的なことに関しての違いはないです。ですが、どうしても維持コストが違ってくる部分もあります。変ったデザインをしていたりしますから手入れなどに余計な手間がかかることはあります。